LA PASION

products

image illustration商品一覧

グリフォイ・デクララ エキストラバージンオリーブオイル
グリフォイ・デクララ
エキストラバージンオリーブオイル
容量:500ml(460g)定価:4,212円(税込)
  
2017-2018 カシータス・デ・ウアルド エキストラバージンオリーブオイル
2017-2018 カシータス・デ・ウアルド
エキストラバージンオリーブオイル
容量:250ml(229g) 定価:2,106円(税込)
  
2018-2019パラシオ・デ・ロス・オリーボス エキストラバージンオリーブオイル
2018-2019パラシオ・デ・ロス・オリーボス
エキストラバージンオリーブオイル
容量:500ml(460g) 定価:3,996円(税込)
容量:250ml(229g) 定価:2,484円(税込)
ロリ・フェレール・バルサミコ・レセルバ モアスイーツBIO16
ロリ・フェレール・バルサミコ・レセルバ
モアスイーツBIO16  
容量:250ml 定価:3,186円(税込)
 
ロリ・フェレール・バルサミコ・レセルバ スイーツBIO12
ロリ・フェレール・バルサミコ・レセルバ
スイーツBIO12
容量:250ml 定価:3,024円(税込)
  
スペイン産ラルゲタアーモンド
スペイン産ラルゲタアーモンド
 
1パック 120g 価格 : 880円(税別)
季節限定商品
沖養蜂場はちみつ(もち花)
沖養蜂場はちみつ(もち花)
容量:180g 定価:2,000円(税別)
沖養蜂場はちみつ(みかん花)
沖養蜂場はちみつ(みかん花)
容量: 180g 定価:2,200円(税別)  
沖養蜂場はちみつ(れんげ花)
沖養蜂場はちみつ(れんげ花)
容量: 180g 定価:2,500円(税別)
EVOOLEUM 世界のオリーブオイルガイドブック
EVOOLEUM 世界のオリーブオイルガイドブック
価格 : 3,900円(税込)
※購入希望の方はinfo@la-pasion.jpまでご連絡をいただけますとこちらから詳細をお知らせいたします。
Olivatessen オリーブオイルの年鑑
Olivatessen オリーブオイルの年鑑
価格 : 5,200円(税込)
※購入希望の方はinfo@la-pasion.jpまでご連絡をいただけますとこちらから詳細をお知らせいたします。

※【商品を購入する】ボタンを押すとカモマイルクラブのサイトに飛びます。
*定価が記載されている商品は、カモマイルクラブで無料の会員登録をして購入していただくと1つ10%引きから購入できます。

グリフォイ・デクララ エキストラバージンオリーブオイル

フルーティーでまろやか、後味すっきり。
奇跡のオリーブオイル

グリフォイ・デクララ エキストラバージンオリーブオイル

容量:500ml(460g)

賞味期限:2020年1月20日
オリーブの木の本数:3,500本
搾油量:14,000kg
酸度:0.14%

*業務用限定で5Lサイズもご用意があります。

商品の特徴

グリフォイ・オイルはスペイン北西部にあるカタルーニャ州エルモラール村の大変希少なアルベキーナ種100%のエキストラバージン・オリーブオイルです。業界ではおそらく最も少ない3750Lの生産量しかありません。(2017年)なぜならこのオイルは、ローマ時代以前から受け継がれ今でも続く、ファミリーのためのオイルだったからです。そのファミリーは、スペインが誇る高品質なワインが生み出されるプリオラート地区で5代に渡り世界39カ国に輸出しているグリフォイ・デクララというワイナリーを営んでいます。グリフォイ・デクララのシングルエステートから造られるこのオイルは、実際に毎日の生活に欠かせない、かけがえのないオイルとして大切に引き継がれているのです。料理にかけるだけでそれぞれの素材の存在感を増し、主役に引き立ててくれるので用途が最も広く、同時に他にない味わいなので、新しい味わいを教えてくれます。揚げ物、焼き物、サラダ、洋食、和食、中華、サラダ、お菓子と、どの分野でも風味を向上させるため、トップクラスのシェフも一度このオイルを知ると「今までとは違う!」と、使い続けてしまうほどの魅力をもつ逸品です。油という存在を超え「他にない万能調味料」と高い評価を頂いています。スペインレストランを始め、フレンチ、イタリアン、和食、鉄板焼き、カフェや料理教室にとどまらず、一般の方々までファンが多く、まとめ買いをされるオリーブオイルです。

グリフォイイメージ
ラパシオン加藤のおすすめポイント

グリフォイ・オイルは、フルーティーで優しい味わいを持った、まるで女性的なオリーブオイルです。 爽やかで軽やかな風味を持ち、ラパシオンの3つのオリーブオイルの中でも、特に親しみやすい一品です。

かつて皆さまにご愛用いただいていながらも、高齢化に伴い失われてしまった幻のオリーブオイル「カミロケ」。 そのカミロケを生んだエルモラール村で、カミロケの搾油を担っていたワイナリーであるグリフォイ家が、自社畑のオリーブだけで搾ったオリーブオイルが、グリフォイ・オイルです。 グリフォイ・オイルはスペイン最上級のワインとして有名なプリオラートのワインが生まれる隣のオリーブ畑からとれるオリーブの実だけで造られています。エルモラール村のあるカタルーニャ地方で多くみられる品種の、アルベキーナを100%使っています。

アルベキーナはその実が他の一般的なオリーブよりも小さく、オイルの含有量が少ない高級品種です。生産に手間がかかるからこそ、アルベキーナにしか出せない味わいも生まれます。 ファミリーリザーブとして、少量だけ生産しているグリフォイ・オイルは、アルベキーナの優しくまろやかな味わいが引き立つよう造られています。

また、グリフォイ家のシングルエステートとなったことから、収穫から搾油までの時間が短くなり、より質の高いオリーブオイルとなりました。 今期はわずか7500本しか生産されません。日本には、そのうち3500本を分けて頂くことができました。

グリフォイ・オイルは、毎日の食卓を元気にする、生活に寄り添い続けてくれるオリーブオイルです。

グリフォイイメージ

現地生産者たちの想い

「なぜインポーターとしてラパシオンを選んでくれたのか、
ラパシオンと歩んでいきたいヴィジョンをテーマにした視点のもの」

「スペイン人のように情熱的な人がいるから紹介します」
あれは忘れもしない2009年の秋。智子さんとの出会いは、ちょうど私が“日本とスペインを繋ぐ架け橋”になりたいと夢見て、試行錯誤していた時でした。

その頃の智子さんは、言葉も分からないけど、
「スペインのオリーブオイルを輸入するんです!」
と、物凄い情熱と行動力で、たくさんの人達をプロジェクトに引き込み、魅了し、夢を形にしていました。私もそんな智子さんに惹き込まれた一人。きっと、あの日智子さんに出会っていなければ、私はこうしてエルモラール村に暮らし、ワインやオリーブオイル造りに従事することはなかっただろうと思うと、出会いの神秘と運命を感じます。

グリフォイイメージ

「スペイン食文化の魅力を伝えたい」
その一心で、スペイン食文化協会(現スペインワインと食協会)を共に発足。 良い事もそうでない事も起きましたが、様々な事が起きる度に、智子さんとの絆は強くなっていったような気がします。

出会いから9年が経ちました。 その間、智子さんは三人のお子さんに恵まれ、私は、スペイン・カタルーニャにある人口300人の小さな村エルモラールでワイナリーを営む、グリフォイ・デクララ家の長男ロジェールと結婚しました。私の専門はスペインワインで、ワインのご縁で夫と知り合いましたが、まさか、オリーブオイルも造っていたなんて。

グリフォイイメージ

とはいえその頃、ほぼファミリー用しか造っていなかった為、当時義父が組合長を勤めていた、エルモラール村協同組合のオリーブオイル「カミロケ」を智子さんにご紹介したところ、「本当に美味しいから輸入させてください!」 と即決された時は、とても嬉しかったのを覚えています。

当時から村の高齢化は深刻な問題でした。村人の大半が70代、80代を占める中、畑での重労働が難しくなった彼らの息子達は、農業以外の仕事を求めて都会に出て、畑を継ぐことを嫌がりました。高齢化、人手不足など様々な問題が影響し、協同組合の運営もずっと不安定な状態が続いていました。

 「このままでは耕作放棄地に埋もれて、エルモラール村は消滅してしまう」
危機感に駆られたロジェールは、愛する村の原風景を守る為にも副村長になり “葡萄とオリーブとアーモンドで潤う村を” を、スローガンに掲げました。

早速、ここ数年間でリタイアしたご年配の方々の古木の素晴らしい畑(オリーブ、ぶどう共に)を、弊社が受け継ぐプロジェクトが始まり、お陰で自社オリーブ畑も増えました。そしてこの度、ロジェールの想いに深く共感し、ずっと応援してくださっていたラパシオンさんのお陰で、日本への輸入が実現しました。

「なぜインポーターとしてラパシオンを選んだのか?」

ラパシオンさんから辛抱強いオファーが無ければ、新グリフォイオイルは誕生していなかったでしょう。そういう意味でも、グリフォイオイルのインポーターは、ラパシオンさんであることは、必然であったと言えるでしょう。 ラパシオン(情熱)の智子さんの熱い想いが、カモマイルクラブさんに伝染し、日本中で大きな輪が生まれ、沢山の素敵な出会いがありました。このご縁は、私たちにとって宝物です。

2009年の秋、“スペイン”が巡り合わせてくれた智子さん。 スペインワインと食協会での活動で培った信頼関係やスペインに対する共通の想いは、インポーターを決断する際の後押しとなりました。これからも、グリフォイオイルと共に、智子さんと同じ目標に向かって取り組んでいける事を嬉しく思うと同時に、心から感謝しています。

グリフォイイメージ
グリフォイ・デクララ当主ロジェール(右から2番目)原田郁美さん(右)とスタッフの皆さん
casitas

子どもから始める、本物の味わい。
かわいいけれど実力派

2017-2018 カシータス・デ・ウアルド
エキストラバージンオリーブオイル

容量:250ml(229g)

賞味期限:2019年12月31日
オリーブの木の本数:1,827本
搾油量:約6,600リットル
酸度:0.11%

商品の特徴

カシータスは「子どもから始める、本物の味わい」という食育をコンセプトに、誕生しました。味覚教育としても見本となるべく「苦味、辛味、甘味」を意識した仕上がりは、スペイン国内においても評価が高く離乳食から取り入れられています。今年のカシータスはアルベキーナとコルニカブラがメインです。子どもたちがフルーティーな香りを楽しんでくれることを期待しています。コルニカブラはポリフェノール含有量も多いので、ご両親にも喜んでいただけるはずです。またカシータスオイルは、ブレンドならではの香りを引き出し、余韻を長く保つため、品質の良さを実感できます。その証拠にコンセプトは子どもからですが、大人はもちろん、ご年配の方まで十分に堪能していただけるので、世界中のコンテストにおいてもトップクラスで受賞し続けている実力派のオイルです。料理にかけるだけでそれぞれの素材の存在感を増し、新しい味わいを広げてくれます。スペイン産オリーブオイルの代表として、おすすめできる逸品です。揚げ物、焼き物、サラダ、洋食、和食、中華、サラダ、お菓子と、どの分野でも風味を向上させます。料理や食材の良さを引き立てる「万能調味料」と高いご評価を頂いています。スペインレストランを始め、フレンチ、イタリアン、和食、鉄板焼き、カフェや料理教室にて好評をいただいております。

カシータスイメージ

搾油所所長であるヘスース・コルクエラはウアルド農園のある地方で生まれ育ち、業界で35年の経験があります。おじいさんがオリーブオイルの生産に携わっていたので、オリーブオイルを身近に感じて育ちました。ヘスースにとってこの仕事は天職と言えるでしょう。自分自身に厳しく、チームワーク精神にあふれる人格ゆえ、何度も原産地呼称モンテス・デ・トレドの最優秀搾油マスターに選出されています。

ヘスースの役目は、収穫された果実が搾油所に到着した時の品質チェックから始まり、オリーブオイル生産の全工程を管理することです。たとえば、練り込み時間はオリーブオイルの風味や健康に良い特性を最大限に保つに的確であるかを見極めたり、オリーブオイルのいかなる欠陥をも防ぐために搾油所を年間を通して清潔で完璧な状態に維持したり(ここまで徹底して衛生管理がされてる搾油所は例を見ません!)。また、製造後のオリーブオイルの保管にも細心の注意を払い、定期的にテイスティングをしています。ほかにもボトリング前のフィルター作業を手掛け、オーダーの入った製品の出荷準備などなど。

カシータス・デ・ウアルドは、製造に時間がかかるオリーブオイルです。使う果実を特別に選定する上、複数の品種のオリーブオイルがブレンドされているので、テイスティング担当がベストな配合比率を探らなければいけません。ヘスースは、このような作業にもすべて大きく関わっています。

ウアルド農園のオリーブオイルの品質が世界的に高い評価を受ける陰には、ヘスースの尽力があるのです。

カシータスイメージ
ウアルド社のオリーブオイルの製造という重要な役目を担っている
搾油所の所長であるヘスース・コルクエラ
ラパシオン加藤のおすすめポイント

カシータス・オイルは複雑な味わいを持ったオリーブオイルです。
特徴の異なるオリーブの品種をブレンドすることにより、それぞれに由来する特徴を受け継いだ、複雑で奥行きのある味わいが特徴です。

カシータス・オイルは、毎年の味わいを確かめてから組み合わせや量を決定するという、大変プレミアムなブレンドオイルです。そのため、その年ならではの複雑で奥行きのある味わいが特徴です。 今年のカシータス・オイルは、青々しい香りと、誰でも食べやすいフルーティーな食味ながらも、喉にしっかりと辛味が残る味わいとなりました。 この味わいは、カシータス・オイルが、食育をテーマにした、子供に対する熱い情熱によって生まれたことに由来します。

子供用と言っても、ただフルーティーでマイルドなものではありません。
子供が味覚を育てられるように、オリーブオイルが本来持っている、苦味や辛味を含めた全ての味わいを体感できるよう、しっかりとした味わいを持っています。つまり、オリーブオイル本来の味わいを十二分に堪能できるよう造られたカシータス・オイルは、子供はもちろん、大人にとっても眠っていた味覚を刺激される逸品です。

オリーブオイル本来の味わいが、子どもの味覚を刺激してくれる役目になるカシータス・オイルは、子どもだけでなく、そのご両親、そして生粋のオリーブオイル好きの方にも食べてみていただきたい、味わいもコンセプトも濃厚なオリーブオイルです。

カシータスイメージ

現地生産者たちの想い

オリーブオイルの世界をよく知った人と働けることはとても嬉しいのですが、智子も私たちと同じく「食育に良質のエキストラバージンオリーブオイルを!」という情熱があるので格別です。 カシータス・デ・ウアルドはただのよくあるオリーブオイルではありません。社会的な重要性を秘める将来を見据えたプロジェクトなので、私たちウアルド社にとって同じ情熱を持ったパートナーを持つことは必要不可欠です。大人になってからの病気や健康的な食生活の意識も幼少期に起因することが多いので、子どもにとって良質のエキストラバージンオリーブオイルをとることがどれだけ大切かということをよくわかってくれています。また、私たちウアルド社では、同じ価値観を持つ子育て中のママスタッフ達も働いています。実は私もそうなので、初めて会ったときからピピピと感じるものがありました。智子と協力しあい、多くの日本のお客様にカシータス・デ・ウアルドの良さを認識してもらいたいと思っています。

ウアルド社(カシータス)輸出マネージャー
クリスティーナ・アイスプン・ビニェス
カシータスイメージ
palacio 500ml 250ml

オリーブジャパン
国際オリーブコンテスト
4年連続金賞受賞!

2018-2019パラシオ・デ・ロス・オリーボス
エキストラバージンオリーブオイル

容量:500ml(460g)
容量:250ml(229g)

賞味期限:2020年12月7日
ピクアル種オリーブの木の本数:62,100本
搾油量:180キロリットル
酸度:0.13%

商品の特徴

パラシオ・オイルはピクアル種単一100でつくられており、殆どのスペイン産ピクアル種が南部アンダルシア地方産ですが、ラマンチャ地方の火山性土壌から生まれるピクアルであることが特徴的です。そのためエメラルドグリーン色に輝くオイルは、青バナナや若草、ナッツのような風味が広がります。フレッシュでキレのあるピクアルらしいスパイシーな味わいの中にも優しいマイルドさがあるのが特徴です。パラシオ・オイルは、香りの余韻が長く楽しめることも品質の良さを実感できます。料理にかけるだけでそれぞれの素材の存在感を増し、新しい味わいを広げてくれます。スペイン産オリーブオイルの底力を体験していただける逸品です。揚げ物、焼き物、サラダ、洋食、和食、中華、サラダ、お菓子と、どの分野でも風味を向上させます。料理や食材の良さを引き立てる「万能調味料」と高いご評価を頂いています。スペインレストランを始め、フレンチ、イタリアン、和食、鉄板焼き、カフェや料理教室にて好評をいただいております。

パラシオイメージ
ラパシオン加藤のおすすめポイント

パラシオ・オイルは、ミディアムボディで品の良い苦味と青味をもった、まるで男性的な味わいのオリーブオイルです。日本で馴染みのあるオリーブオイルを想像しながら口にすると、それとはまったく違う、存在感のある味わいに驚かされます。

パラシオ・オイルは、スペインの二大品種の一つであるピクアルの単一品種で造られています。独特な風味と辛みと苦味が特徴のピクアルは、スペインはもちろん、世界各国で栽培されており、希少な品種というわけではありません。

そんな数多くあるピクアルのオリーブオイルの中でも、このパラシオ・オイルはピクアルらしいスパイシーな味わいながら、他には無い上品な柔らかさを両立していることが特徴です。2017年には、ピクアル種の世界一である「2017ベストピクアル」を受賞しました。

私自身も、いろいろなピクアルのオリーブオイルと出会ってきましたが、このふわりとした柔らかさには驚かされました。 スペインでもっとも多く栽培される品種だからこそ、他にはないその余韻に、生産者の注いだ情熱が表れています。 パラシオ・オイルは、ピクアルの魅力を最大限に引き出したオリーブオイルと言えるでしょう。

パラシオ・オイルは、食材が本来もっている味わいを際立たせ、毎日の食卓を、より味わい深くしてくれるオリーブオイルです。

パラシオイメージ

現地生産者たちの想い

まだ実際に智子に会う前に、既にスペインのエキストラバージンオリーブオイルを扱った経験があることやオリーブオイルソムリエでオリーブオイルをよく知っているというプロフィールを聞き、日本のインポーターとして理想的であると思いました。そしてディストリビューターさんと一緒に私たちのアルマグロ郊外にある農園まで訪ねてきてくれた時、生産者、インポーター、ディストリビューターの3者によるチーム結成となりました。オリーブオイル文化がまだ十分に浸透していない日本市場にPalacio de los Olivosを普及させていくには、コツコツと継続的に、かつ熱意をもって協力してくれるパートナーが必要だったのです。日本の多くの方々に私たちのオリーブオイルの魅力を知ってもらえるよう、強い絆で結ばれたチームとして長いおつきあいをしたいと願っています。

パラシオイメージ
パラシオイメージ
パラシオ・オイルのパラシオ農園オーナー ラウル・モラ(左側)
輸出マネージャー ルイス・ルビオ(オリーブオイル鑑定士でもあります)右側

ページトップへ